>>Top >>スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  >>Top >>ルシード 薬用デオドラントボディウォッシュ パンチの効いた一品


周囲の人は気づいていても、自分は分からないまま、ということがありがちなのが体臭です。マンダムが2月、男性用化粧品の主力ブランド「ルシード」で発売した「デオドラントシリーズ」は、30~40歳代の男性に特有のにおいを抑える効果をうたっています。加齢臭とは異なる原因を特定、におい成分の発生を抑える植物エキスの機能を活用したのです。身だしなみに気を使う男性の需要を狙っているのです。ミドル脂臭の原因は、汗に含まれる乳酸を皮膚上の細菌が分解して発生する成分“ジアセチル”なのです。運動後などに多量の汗をかいた時の男性のにおいは20歳代でピークを迎え、加齢と共に、減少します。一方でジアセチルの濃度は徐々に上昇し、40歳代で最も高くなるのです。 ジアセチルは揮発性が高いため、一般的な汗のにおいや加齢臭に比べて広がりやすいのです。実験では、加齢臭の主成分である“ノネナール”に比べて飛散率は約100倍。また、後頭部や首、背中から発生するため、頭皮のにおいと混ざると、よりきついにおいとなるおです。あらゆる年代の男性800人を対象に、体のどの部位からどのようなにおいがするかを徹底的に調査。ノネナールの発生部位とされる耳の裏に比べ、頭部のにおいが最も強いことを突き止め、成分の分析から、ジアセチルに行き着きました。
スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。